「求める心 応える教育」~啐啄同時~大分県教育の正常化を目指す教職員団体 大分県公立高等学校教職員組合

  1. HOME>
  2. 執行委員長より

執行委員長より

執行委員長あいさつ

平成29年度就任あいさつ

「期待に応える組織の確立」

第13代執行委員長 中村 高志

第13代執行委員長 中村 高志

 

先の役員選挙で皆様の信任をいただき、執行委員長4期目を務めることとなりました。
これまでの経験を活かし、皆様の期待に応えられるよう更に精進して参ります。
少子化が進む中にあって、「子供たちにとって真に望ましい学校づくりはいかにあるべきか」という教育の本質論を見据えた考え方に立って、平成17年から進められてきた「再編整備計画」が昨年度をもって終了しました。
この間、平成18年度には、教職員評価システムが導入され、平成20年には教員採用選考試験等に係る不祥事が発覚し人事の在り方も大きく変更されるなど教育改革が進められてきました。
教職員団体の在り方も時代の変化に対応した改革が常に求められています。
昨年度、組織改革検討委員会において、時代の変化に対応した喫緊の課題を克服するためには、「不易と流行」を見極めた組織改革が必要不可欠であるとの認識の下で検討が進められ、本年1月7日に答申が取りまとめられました。
大分県公高教は、昭和44年6月21日に本県の子供たちの将来を憂い、教育正常化を実現するという高い志のもと集結した諸先輩方の熱い情熱によって、誕生しました。
結成当初に策定された綱領は、今も色あせることなく、大分県公高教の在るべき姿を示しています。
組合員一人一人は、綱領の最初に謳っている「私達は、教育者であることに誇りを感じ、その職責の重大さを自覚する。そして、この自覚の下に自由を守り真理と平和を希求する人間の育成をめざして、その教育的良心を結集する」を再認識し、教育専門職として、我が国の源となる人間育成に努めていくことが重要であると考えます。
時代が変わり、生徒や保護者が変わり、社会のニーズが変われば、授業などの教育の在り方も当然変化していきます。
大分県公高教には、多様な教育的ニーズに対応し、「求める心 応える教育」を実践していくことが求められています。
今後も激動する時代の中で、柔軟な発想のもと、しなやかな組織づくりを進めていき、生徒や保護者、地域社会から期待される組織の創造を図っていく所存です。
本年度は本年1月25日に策定した「期待に応える組織の創造に向けたプラン」実行の中心の年となります。
結成50周年を見据え、活動の重点方針として、「期待に応える組織の確立~次世代につなぐ~」を掲げ、次の重点項目を中心に取り組んでいく所存です。

 

1、教育・勤務条件の改善

 教職員一人一人が安んじて教育活動に取り組める職場環境の整備を図るため、学校現場の声を集め、教育・勤務条件の改善を求めていきます。
 

2、組合員への支援の強化

 組合員が抱える諸問題に対応すべく、分会・支部・本部が連携し支援体制強化を図るとともに「顧問弁護士制度」などの相談窓口を有効活用していきます。
 

3、研修の深化・充実

 教育専門職として自らの資質能力を積極的に高められる研修の機会を提供していきます。
 

4、組織改革の具現化

 分会・地区・本部の連携を強化するとともに、友誼団体との連携強化を図りながら様々な期待に応えうる組織構築に向け改革を具現化して参ります。
 

5、教育情宣活動の充実

 教職員間のネットワークの拡大と異業種間交流を積極的に行い、生徒や保護者、県民から信頼される教職員団体として活動して参ります。
 

今後とも皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

 
「求める心 答える教育」大分県公立高等学校教職員組合

大分県公立高等学校教職員組合

〒870-0045
大分市城崎町2-1-5 城崎司法ビル5階
TEL:097-536-2511 FAX:097-536-2561

加入案内